掘り出し物や新商品が50%OFFで買える。【Amazon】のヤスイイね半額ストア>>

肌のくすみは年齢のせいだけじゃない。肌が透明感を失う6つの原因と対策法

鏡を見たときに、「あれ?私の肌ってこんな色だったかな」なんて感じたことはありませんか?

年齢を重ねると、若いころとは違った肌の変化に誰もが気づくもの。肌のくすみもその一つですよね。

「くすみ」とは、肌の明るさや透明感が失われている状態のことをいい、くすみが現れると実年齢よりも老けて見られるため、エイジングケア世代には無視できない肌トラブルの代表といえます。

そこで今回は、年齢の他にもある6の原因についてまとめてみました。

タガラ
タガラ

日常的にできるくすみ対策のヒントにしてくださいね。

スポンサーリンク

肌がくすむ原因1.ターンオーバーの乱れ

肌がくすんでしまう代表的な原因は、さまざまな原因で新陳代謝(ターンオーバー)が低下し、肌の表面に古い角質が残っているからです。

本来ならターンオーバーによって、はがれ落ちるはずだった古い角質がたまって厚くなることで、肌の透明感が失われてしまうのです。

ターンオーバーの乱れは、くすみの他にも、厚くなった古い角質でスキンケアの浸透が悪くなったり、ファンデーションのノリが悪くなったりするなど、多くの肌トラブルを起こしてしまいます。

対策

ターンオーバーが正常に行われるように、睡眠不足の解消や肌にいい栄養を摂取するなど、生活習慣の見直しが必要です。

ターンオーバーを整えるための対策法は、こちらで詳しくご紹介しています。

関連記事 年齢で変わる肌のターンオーバーを整えるためにできる6つの対策法

肌がくすむ原因2.毛穴の汚れ

肌のくすみは、毛穴にたまった汚れが変色して起こることもあります。

たとえば、毎日のメイク、皮脂・汗・角質などの老廃物、顔に付着した花粉やホコリが夜の洗顔で取り除くことができず、毛穴のくぼみにたまったまま数日経つと変色して顔全体のトーンが暗くなってしまうのです。

対策

ターンオーバーを整えるとともに、毛穴の汚れを取り除くスキンケアが必要です。

>>クチコミで大人気!ピーリング石鹸【スキンピールバー】
肌悩み別に選べる4タイプ♪

肌がくすむ原因3. メラニン色素

肌のくすみは、メラニン色素が増えたことで発生することがあります。

メラニン色素というと、シミやソバカスなどのイメージが強く、美肌の敵と思われがちですが、紫外線の刺激や活性酸素を防いでくれる重要な役割をもっています。

メラニン色素は、大量の紫外線を浴びると増えますが、他にも女性ホルモンのバランスが崩れたり、ニキビの炎症など肌に刺激が加わったりしたことで増える場合もあります。

体が作りだしたメラニン色素は、通常であればターンオーバーの作用で古い角質と一緒にはがれ落ちます。

しかし、なんらかの原因でターンオーバーが正しく行われなくなると、肌のくすみとして残ってしまうので要注意です。

対策

紫外線の浴び過ぎに注意するとともに、肌に負担がかかるスキンケアの見直しを行い、ターンオーバーやホルモンバランスの乱れを整える生活習慣が大切です。

肌がくすむ原因4. 血行不良

血行不良の肌は、血色が悪く肌の赤みが減るため、黄色や黒ずみが目立ちやすくなり、肌のくすみにつながります。

くすみの他にも、青白い肌が不健康な印象をあたえるうえ、目の下のクマも目立つので顔の印象を変えることも。

血行不良が起こる原因は、主に自律神経の乱れからくる交感神経の高まりといわれており、要因としてストレス、疲労、睡眠不足、体の冷え、喫煙などがあります。

対策

入浴、運動、服装選びなど血行を良くする生活習慣を行い、自律神経の乱れにつながるストレス、寝不足、喫煙などを解消するようにして体の内外からケアをしましょう。

肌がくすむ原因5. 糖化

肌が黄色や茶色っぽくくすんでいる場合は、皮膚の糖化が考えられます。

糖化とは、体内の余分な糖質がタンパク質と結びついたことで、細胞などが劣化する「体のコゲ」と呼ばれる現象のことです。

糖化は肌の色だけでなく、進行するとシミ、シワの発生にもつながるため、アンチエイジングの大敵といえます。

対策

外食で食べ放題や大盛りを頼むことが多い人や、血糖値が高い人は糖化になる可能性があるため、食生活の見直しと血糖値の管理が大切です。

肌がくすむ原因6. 油焼け・化粧焼け

古い化粧品を使ったことで、油焼け・化粧焼けと呼ばれる「刺激性皮膚炎」や「炎症後色素沈着」を起こすと、肌がくすむ原因になります。

油焼け・化粧焼けは、通常であればターンオーバーの過程で治りますが、なんらかの原因でターンオーバーが乱れていると、肌のくすみとして残ってしまいます。

対策

化粧品は1年を目安に買い替えるようにしましょう。

特に敏感肌の人は、肌に負担をかけないよう注意してください。

>>うるおい、ハリ、明るさが失われやすい年齢肌のための化粧品【DHCクイーンオブセラム

まとめ

肌のくすみは、肌が生まれ変わるターンオーバーの乱れが大きく関係しており、ターンオーバーの周期は誰しも年齢を重ねるごとに長くなるものです。

しかし、加齢以外の紫外線や化粧品など外からの刺激や、食生活をはじめとする生活習慣が原因で発生するくすみは、予防対策をすることができます。

肌のくすみは顔をふけさせるため、アンチエイジングの大敵です。くすみの原因が見つかったら日常的にできるセルフケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 

記事の内容は執筆当時のものになります。また、記事の内容には個人差があるためご了承くださいませ。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました