花や野菜の種、肥料・用土などの消耗品、専門用具、ウッドデッキなどが勢ぞろい。【Amazon】のガーデニング用品売り場はこちら>>

二日酔いに効くものはなに?二日酔いを早く治したい人の対処法と予防法をご紹介

お酒を飲んだ翌日に、つらい二日酔いを経験した人は多いのではないでしょうか?

仕事の付き合いや、親しい人達との飲み会など、大人はなにかとお酒を飲む機会がありますよね。

しかし、二日酔いだからといって仕事や家事を休めないときは、できるだけ早く体調を回復したいものです。

そこで今回は、二日酔いの対処法と、二日酔いを予防する方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

二日酔いはどうしておこるの?

二日酔いとは、お酒を飲み過ぎた翌朝に現れる、体の不快症状のことをいいます。

二日酔いの主な原因は、アルコールを飲み過ぎたために、血液に含まれたアルコールを肝臓が分解するときに発生した、代謝物質の「アセトアルデヒド」が十分に処理できず体に残ってしまうからです。

有害物質であるアセトアルデヒドの作用で、吐き気や呼吸が乱れる呼吸促拍になるうえに、アルコールによる胃腸の機能低下脱水が加わり、自律神経のバランスも崩して全身にさまざまな不調を招くことになります。

二日酔いの症状

代表的な二日酔いの不快症状には、次のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 体のほてり
  • 喉の渇き
タガラ
タガラ

さらに体にアルコールが残っている場合は、ろれつが回らない、ふらつき、などの酩酊感も残ります。

二日酔いが長引く理由

お酒を飲んでいるときは、アルコールの作用で脳が麻痺している状態ですが、二日酔いはアセトアルデヒドによって現れるため、酔いと二日酔いは違ったメカニズムで起こります。

しかし、大量にお酒を飲んだ翌日は、アルコールが分解されずに酔っている状態に加えて、二日酔いの症状が重なってしまい不快症状が強く長引くこともあります。

また、お酒が弱いという人は、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが弱いため、二日酔いの症状が強く長引きやすい傾向があるといわれています。

二日酔いを早く治すために試したい4つの対処法

二日酔いを治すためには、体内に残っているアルコールとアセトアルデヒドの分解を助けながら、アルコールによる脱水を解消して、失われた栄養を補給することがポイントです。

ここでは、できるだけ早く二日酔いから回復するための対処法を見てみましょう。

①水分補給をする

二日酔いを治すためには、まず水分補給をおすすめします。

アルコールの利尿作用によって失われた水分を補給することで、脱水による体調不良を改善しながら、体内に残ったアルコールを尿として排出できるからです。

水分補給には、ミネラルウオーターやスポーツドリンクを選ぶと体になじみやすいでしょう。

このとき、冷たい状態で飲むと、胃腸に負担がかかりお腹をこわすこともあるため、常温で飲むことがポイントです。

②トマトジュースを飲む

トマトに含まれる「リコピン」には、二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドの作用を弱める効果があるといわれています。

さらに、アルコールを摂取したことで失われたミネラルを補給する効果もあるので、食欲がないときや水分補給としてトマトジュースを飲むといいでしょう。

③果汁100%のジュースを飲む

果汁100%のジュースを飲むと、アルコールを分解するために消費した、体内のビタミン類を補給しながら、肝機能の働きを助けて二日酔い改善につながります。

タガラ
タガラ

食欲がわかないときは、水分補給もかねてレモン、グレープフルーツ、りんごなどのジュースを飲むこともおすすめです。

④しじみを食べる

しじみ汁は二日酔い対策の定番として、よく知られていますよね。

しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸は、アンモニアの解毒を促してアルコールの分解で疲労した肝機能をサポートするからです。

また、しじみに含まれるアラニン、グルタミンは、アルコールの代謝を助けることから、しじみ汁と飲めば二日酔いの症状が軽減されるといわれています。

このとき、しじみ汁に豆腐を具として一緒に食べると、アルコールを摂取したことで失われた、ミネラルの補給もできます。

二日酔いのときやってはいけないNG行動

自分なりの二日酔い解消法をもっている人も多いと思いますが、次にご紹介する方法は体に負担がかかり逆効果になるためNGです。

①熱いお風呂やサウナはNG

二日酔いの体は、アルコールの影響で心拍数、血圧が上昇しやすい状態ですので、熱いお風呂やサウナに入ることは、心臓に負担がかかる危険な行為です。

また、血液がドロドロになっているうえに、汗をかくことで脱水が起こると、脳卒中のリスクも高くなるので絶対にやめましょう。

二日酔いでお風呂に入るときは、必ずぬるめのお湯に浸かるようにして、水分補給をしっかり摂るようにしてください。

②迎え酒は二日酔いを悪化させる

二日酔いのときに、迎え酒をすることで体が楽になるという人もいますが、実際はアルコールの作用で脳が麻痺して、二日酔いが治ったように体が勘違いするだけですので、絶対にやめましょう。

反対に体への負担が増すことにしかなりません。

そもそも二日酔いになりたくない人の予防法とは?

ここまでは、二日酔いになったときの対処法をご紹介してきましたが、そもそも二日酔いにはなりたくない人もいることでしょう。

その場合は、次のような予防法をおすすめします。

①お酒を飲む前にウコンを摂取する

ウコンには、アセトアルデヒドの分解を促す「クルクミン」という成分が含まれているため、飲酒前にウコンが含まれるドリンクやサプリメントを飲んでおくと、肝機能が高まり二日酔い予防になるといわれています。

また、飲酒前に飲み忘れたとしても、お酒を飲んだ後に飲んでおくと、二日酔いの不快症状を遠ざけてくれます。

②お酒を飲む前に乳製品を口にしておく

タンパク質には、肝臓の働きを活性化させる作用があるため、お酒を飲む前に牛乳やチーズなどの乳製品を飲食しておくと、二日酔いの予防に役立ちます。

③二日酔いの予防になるおつまみを食べる

お酒を飲むときは、二日酔いを予防する作用のある食品をおつまみに食べることもポイントです。

ビタミンCが豊富に含まれる、枝豆やジャガイモなどは、二日酔い予防になるといわれます。

さらに、オクラ、長いも、なめこなど、ネバネバした食材に含まれるムチンは胃腸の粘膜を保護する働きがあるので、お酒と組み合わせたい食材です。

他にも、は二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解を助けるため、お酒と一緒に食べてみてはいかかでしょうか。

④適量を心がけて飲みすぎないようにする

二日酔いは、その場のノリでついつい飲み過ぎてしまうことも原因の一つです。

アルコールを分解する酵素の働きには個人差があるため、自分の体に負担がかからないお酒の適量を知り、無理に飲み過ぎないことも二日酔いの予防には大切です。

⑤お酒の後は水分補給をしっかり行う

二日酔いの予防には、水分補給が重要です。

二日酔いの症状の頭痛などは、アルコールの作用による脱水症状が引き起こしているうえに、アルコールを肝臓で分解するには水が必要になるため、お酒を飲んだ後はしっかり水分補給をして眠るようにしましょう。

ミネラルウォーターの購入はネットが安くて便利↓↓

まとめ

日本人の約過半数は、アルコールを分解する酵素の働きが弱いといわれています。そのため、同じ量のお酒を飲んでも、人によっては二日酔いの重さも違っているのです。

お酒をおいしく楽しむには、自分の適量を把握して無理な飲み方をしないことはもちろんのこと、お酒を飲む機会が多い年末などは、二日酔い対策をしっかり行い、体への負担を軽くするようにしましょう。

記事の内容は執筆当時のものになります。また、記事の内容には個人差があるためご了承くださいませ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました