掘り出し物や新商品が50%OFFで買える。【Amazon】のヤスイイね半額ストア>>

ビフィズス菌の効果と、食品で摂取するときのポイントを解説【腸内環境・痩せ菌】

ビフィズス菌に腸内環境を整える作用があることは、よく知られていますよね。

また、ビフィズス菌は痩せ菌としての作用もあることから、腸内のビフィズス菌の数が多い人は太りにくいともいわれています。

このように健康にいい作用のあるビフィズス菌ですが、体内に存在する量は加齢とともに減少することをご存じでしょうか?

ここでは、減ってしまうビフィズス菌を食品で補うコツについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ビフィズス菌とはいったいなに?

人の腸の中には、約1000種類もの腸内細菌が生息しており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つのグループに大きく分類されます。

善玉菌とは体に良い働きをする菌で、悪玉菌は反対に体に良くない作用をもつ菌です。日和見菌はどちらにも属さず、善玉菌と悪玉菌どちらか優勢な菌の味方をする働きがあります。

そして、今回のテーマである「ビフィズス菌」は、善玉菌の代表といえる腸内細菌です。

ビフィズス菌の効果とは?

ビフィズス菌は、糖分や食物繊維を栄養分に有機酸の乳酸や酢酸などを作りだし、悪玉菌が増えることを抑制することで善玉菌が優勢に働く腸内環境を作る役割があります。

善玉菌が多く存在する腸内環境ができると、体には次のような効果が現れます。

  • 便秘の改善
  • 免疫力アップ
  • 美肌効果
  • ダイエットをサポート
  • コレステロール値の改善

ビフィズス菌の量は加齢とともに減少する!

体内のビフィズス菌の数は乳児のときがピークで、年齢を重ねるごとに減少することがわかっています。

データによると、腸内細菌全体に占めるビフィズス菌の量は、乳児で90%以上幼児~成人の体で約10%高齢者では約1%以下の割合とされます。

また、ビフィズス菌の減少は加齢の他にも生活習慣が影響しており、ストレス、運動不足、食物繊維の不足などが続いていると減少しやすくなるといわれています。

出典・ビフィズス菌は、ヒトの腸内に棲む菌で主要な「善玉菌」。 腸内環境を整えるために「欠かせない主役」グリコ健康科学研究所

ビフィズス菌を食品から摂るコツとは?

健康とダイエットに欠かせないビフィズス菌は、人や動物の腸内に生息する常在菌ですので、加工されていない肉や野菜など自然の食品から摂取することはできません

そのため、食事で摂取するにはビフィズス菌を添加している食品を選ぶ必要があります。

たとえば、ヨーグルトをはじめとする乳酸菌製品の中にはビフィズス菌を添加していない商品もあるので表示をしっかり確認して、「生きて腸まで届くビフィズス菌」と記載された商品を選びましょう。

「生きて腸まで届く」ことが重要な理由

「生きて腸まで届く」ことが重要な理由は、腸内環境を整えるにはビフィズス菌が腸まで届くことが前提ですが、ビフィズス菌は酸に弱い性質のため、胃酸などで死滅して腸まで行きつかないことがほとんどだからです。

そこで、酸に弱いというビフィズス菌の欠点をカバーする食品として開発された商品を選ぶことが、食品から摂取するコツになります。

効果を高めるビフィズス菌の食べ方

ビフィズス菌が添加された食品を食べるとき、より効果を高めるためには次のような食べ方のコツがあります。

食後に摂取する

本来のビフィズス菌は酸に弱いため、たとえ腸まで届くよう工夫された食品でも、できるだけ胃酸によるダメージを避けるよう食後に食べることをおすすめします。

購入後できるだけ早く食べきる

ビフィズス菌の効果が得られる期限は、商品に記載されている賞味期限内ではありますが、ビフィズス菌は酸素を嫌う性質ですので、購入した商品はできるだけ早く食べきることがポイントです。

オリゴ糖を含む食品と一緒に食べる

ビフィズス菌とオリゴ糖を含む食品を一緒に食べると、オリゴ糖がエサとなってビフィズス菌を増やす効果が期待できます。

そこで、甘味料として販売されているオリゴ糖をビフィズス菌入りのヨーグルトにかけたり、オリゴ糖を含むバナナ、玉ねぎ、大豆、ゴボウなどの食品を一緒に食べたりすると、ビフィズス菌の働きをサポートしてくれます。

自分に合った商品を見つけて毎日続ける

食品で摂取したビフィズス菌は、腸内で一定期間の働きをしてくれますが、いずれ体外に排出されます。

ビフィズス菌の滞在期間は個人差があり、すでに存在する腸内細菌との相性が良ければ、長期間にわたり効果を発揮してくれるといわれます。

そのため、ビフィズス菌が含まれる食品は約2週間を目安に試したうえで、自分の体に合っている商品が見つかったら毎日続けて効果を持続しましょう。

 

▼オリゴ糖もプラスされたビフィズス菌▼

カゴメ 生きて腸まで届くビフィズス菌(100ml×3P×6)×1ケース【クール便】〔大人のための乳酸菌〕

▼手軽にビフィズス菌をとるならサプリがおすすめ!▼

【メール便送料無料】【森永 ビヒダス BB536】45カプセル×2袋セット(1日3カプセル×1ヶ月分)森永乳業生きてとどまる森永のビフィズス菌[インフルエンザ][ノロウィルス][O157][花粉症]

 

記事の内容は執筆当時のものになります。また、記事の内容には個人差があるためご了承くださいませ。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました