掘り出し物や新商品が50%OFFで買える。【Amazon】のヤスイイね半額ストア>>

正月病になりやすい人の特徴と予防対策について解説【年明けに起こりやすい体調不良】

年末・年始というと、1年の中でもっともイベントがあり、非日常の時間を過ごすことが多いですよね。

しかし、にぎやかだった時間が過ぎて新年の仕事が開始すると、倦怠感や眠気、気分の落ちこみが続き、思うように力が発揮できないという人も少なくありません。

このような新年に現れる心のモヤモヤの正体を、「正月病」と呼びます。

ここでは、正月病になりやすい人の特徴と予防対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

正月病になりやすい人の特徴とは?

正月病になりやすいのは、年末年始に自堕落な生活を過ごした人といわれています。

つまり、仕事の緊張から解放される連休中にいつもの生活習慣を乱してしまうと、仕事が始まっても本来の調子をとり戻すことに時間がかかってしまうのです。

正月病になりやすい人の主な特徴とは、次の4つになります。

  • 外出が億劫で家で過ごす時間が長い
  • テレビや動画などをダラダラと見続けてしまう
  • 昼寝をする時間が増えて昼夜逆転の生活リズムになる
  • 連日にわたり、ごちそうやお酒を飲食してしまう

体は自堕落な生活でリズムが崩れると、倦怠感が現れて特に何をしていなくても疲れやだるさを感じるものの、休んだからといって回復しない不調が起こりやすくなります。

タガラ
タガラ

特にお正月のころは、1年の中で寒さがもっとも厳しい季節ですので、活動量も増えず休み前の活動モードに戻すことが大変なのです。

正月病を防ぐための予防法とは?

正月病による体の不調や心のモヤモヤを予防するには、お正月の過ごし方が重要です。

正月病にならないためには、次のポイントに注意してください。

お正月のごちそうやお酒は1月2日まで

お正月は普段と違うごちそうが並び、家族で食事を楽しむことも多いことでしょう。しかし、ごちそう続きでは胃腸に負担がかかり、お正月疲れが体に起きてしまいます。

そこで、お正月のごちそうは1月2日までを目安にして、3日以降は日常の食生活に戻していくと胃腸の疲れを予防できます。

昼間にお酒を飲まない

お正月というと、お屠蘇(おとそ)をはじめ昼間からお酒を飲む機会が多いですよね。しかし、昼間からお酒を飲んで昼寝をしてしまうと、体内時計が乱れて夜は眠れないなんてことも。

生活リズムの崩れはさまざまな体の不調を招き、休み明けの仕事がつらくなる原因になります。お正月でも昼間はお酒を飲まないようにして、食生活にメリハリをつけましょう。

タガラ
タガラ

ちなみに、お屠蘇とは本来は無病息災と健康を祈って小さな杯に一杯ほど飲むものです。ついつい飲み過ぎたということがないよう注意してくださいね。

日中はできるだけ外出する

お正月の過ごし方というと、外は寒いので暖房のきいた室内でダラダラ過ごすという人もいると思いますが、活動量が少なく体がなまってしまうと倦怠感が抜けにくくなるため要注意です。

日中はしっかり防寒対策をして、散歩やサイクリングなどの外出で適度に体を動かすようにしましょう。

正月休みの最終日は調整日にする

お正月休みの最終日は調整日にあて、出勤日の前日にレジャーや来客・訪問などの予定は控えることで平日モードに戻すことも大切です。

帰省や旅行から帰ってきた人は、荷物の整理や食料品の買い出しなどを行い、時間に余裕をもって家事をしながら正月休みの疲れを癒すことをおすすめします。

正月病を解消するためのポイント

正月病を解消するためには正月気分を引きずらず、規則正しい生活習慣と能動的に活動をすることが重要です。早寝早起きはもちろんのこと、軽いウォーキングなどの習慣を始めてみましょう。

また、日中に日光にあたると体を覚醒させるセロトニンが活性化し、体内時計の調整をサポートしてくれるのでおすすめです。

しかし、正月明けは寒さが厳しく風邪やインフルエンザなどの心配もありますので、外出をするときはしっかり予防対策をとってくださいね。

まとめ

お正月はごちそうやお酒を飲食する機会が多く、時間に余裕があるためダラダラ過ごしてしまいがちですが、自堕落にならないように注意してのんびり過ごすことが正月病対策には重要です。

体内時計の乱れや胃腸の疲れは、倦怠感をはじめ体の不調を起こす原因になりますので、新年を気持ちよく迎えるためにも、正月病の予防を意識した対策法から始めてみましょう。

 

記事の内容は執筆当時のものになります。また記事の内容には個人差があるため何卒ご了承くださいませ。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました