掘り出し物や新商品が50%OFFで買える。【Amazon】のヤスイイね半額ストア>>

【2019年9月】のいち動物公園へ写真を撮りに行ってきました

9月になり、蒸し暑さがやわらいできたので、高知県香南市にある「のいち動物公園」へ行ってきました。

のいち動物公園というと、昨年、旅行口コミサイト・トリップアドバイザーの「旅好きが選ぶ! 日本の動物園・水族館ランキング2018」動物園部門で、第2位に選ばれた動物園です。

私はしばらく、のいち動物公園へ行ってなかったのですが、ニュースで人気を知ったことや、ふだんは植物写真ばかり撮っているため、動物を撮りたいと思いが強まり出かけました。

先に申しておきますと、いつもはマクロレンズで花を接写しているため、遠くにいる動物や、動きのはやい動物はピンボケで、ほとんどお見せできない写真ばかりでした…

その中でなんとか撮れていたのがこちらの写真です。

のいち動物公園の動物たち

ハシビロコウ

じっとして動かないハシビロコウは、いいモデルさんです。

たくさん写真を撮りましたが、ほぼ同じ姿です。でもじっと見ていると、顔の角度でニヤリと笑ったような表情の変化があって可愛いです。

のいち動物公園には2羽のハシビロコウがいます。

キリン

サバンナゾーンには、今年6月に生まれたキリンの赤ちゃん(名前はサンタロウ)がいて、親子がのんびり過ごしていました。

このエリアでは、シマウマとキリンが一緒に出ているときもあるようですが、私が行った日はシマウマがちょうどお休みでした。

水鳥

熱帯の森には水鳥たちがたくさんいました。あらためて見てみると、羽の色と柄は美しいですね。ちょっと見とれてしまいます。

プレーリードッグ

今回の外出で最もおおく撮ったモデルがプレーリードッグです。

ちょうどいい距離から撮影ができて、モデルがあんまり動かない(笑)

そしてこの、もっちりしたフォルムの愛らしさ。たまりません💕

 

+++

今回、のいち動物公園へ行ってみて思ったのは、広い敷地に檻や柵をつかわず動物が展示されていること、動物園特有の臭いがほとんどないところがよかったです。

展示方法は、「人も動物もいきいきと」をテーマに、それぞれの動物たちが生息していた環境を植物や岩などで再現しているそうです。

この動物園は、象やライオンのような大型の動物はいませんし、動物全体の数も多くありません。

でも動物が過ごしやすい環境づくりと、園内のあちこちには無料の傘の貸しだしも用意されていて、そうした配慮が人気のカギだと納得しました。

それとこの動物園は、公益財団法人なので入園料が大人460円、18歳未満・高校生以下は無料というリーズナブルさも、全国口コミランキング2位に選ばれた大きな要因だと思います。

のいち動物公園、またカメラをもってリベンジに行きます!

▼のいち動物公園▼

高知県立のいち動物公園 公式サイト - 人も動物もいきいきと
高知県香南市野市町にある「のいち動物公園」は、周囲を緑に囲まれた動物公園です。ひろびろとした公園の中で、のびのび暮らす動物たちとのふれあいと、季節ごとの草花や野鳥との出会いがあなたを待っています。公園の魅力、利用案内やアクセスなどを事前にご覧ください。

えきねっと びゅう国内ツアー

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました