掘り出し物や新商品が50%OFFで買える。【Amazon】のヤスイイね半額ストア>>

【更年期の手の不調】手の指が痛くなるブシャール結節になった話

前回は更年期になりやすいといわれる手首の腱鞘炎(ドケルバン病)に

なった記事を書きましたが、実は私の手は指にも不調が現れています。

 

最初に手の不調が現れたのは、50歳の終わりでした。

(*このときまだドケルバン病にはなっていません)

 

あるとき朝の目覚めや昼寝から覚醒したとき、

手の指が『ギシギシ』とこわばり、

少し時間がたたないといつものように動かないことに気づきます。

 

タガラ
タガラ

そのときは「うゎー!なにこれ??」と思いましたが、

目覚めた直後にだけ手が動かしにくいだけだったのであまり気にせずにいました。

 

そうして3か月が過ぎたころ、手の親指を動かすたび手首に激痛が走るドケルバン病になり、

さらにその直後に右手の小指の第二関節が痛いことを自覚することに。

小指の痛みは『ヒリヒリ』と火傷に似たもので、さわると指が少し腫れています。

このとき「なにかにぶつけたかしら?」と思っていましたが、

2か月過ぎても痛みが引かず、後にブシャール結節だと知ったのでした。

スポンサーリンク

ブシャール結節の特徴と原因とは?

「ブシャール結節」とは指の第二関節が腫れてコブのようにふくらみ

関節の変形や屈曲などが起きる病気のことです。

似た症状が起きるものに「ヘパーデン結節」がありますが、こちらは指の第一関節に同じような症状が現れるようです。

 

【参照サイト】https://www.手の外科.com/bouchards-nodes

 

ブシャール結節の原因は、更年期以降の女性に多く見られることから

ホルモンバランスの変化が影響していると考えられているようですね。

 

指の変形には「使い過ぎ」より「ホルモン」が影響
「これら手の病気はエストロゲン(卵胞ホルモン)と深い関係があり、妊娠時、産後、更年期に起こりやすい。もともとエストロゲンは腱や滑膜(関節を包む膜)の腫れを取る抗浮腫作用があり、生理前に体がむくむのもエストロゲンが減るため。閉経して急にエストロゲンが出なくなることで、腱や関節に炎症が起こりやすくなる。腱鞘炎にしても、実際は手の使い過ぎで起こることは少ない。9割は更年期の女性ですよ」WOMAN SMARTより引用

 

私の手の不調はこのような順番で起こりました。

①寝起きに手の指がこわばる

②手の親指を動かすと手首に激痛が走る(右手→左手の順で両手が同時発症)

③右手の小指の第二関節が痛くなりコブのようにふくらむ

その後、右手の中指にも痛みが起きるようになりました。

私が試した3つのセルフケア

日常生活では、痛くても手の指を使わないわけにはいきませんよね…

そこで私は早急にセルフケアを始めました。

①関節にテーピングをする

ある日のこと、あまりにも指の痛みが気になって作業に集中できなくなりました。

そのときカットバンを関節にまいて固定してみたら、思いのほか痛みを忘れられたのでテーピングを開始することに。

 

タガラ
タガラ

関節にテーピングをすると曲げにくくなるけど、

痛みが少しやわらいで手を使う作業が楽になりました。

 

最初は100均で売られているテーピングテープを試したけど、

水に濡れるとすぐにはがれてもたない。

そこでニチバンのバトルウィン12mmを使ってみることにしました。

 

写真は3本にカットしたテープを用意して、重なるように巻いています。

このテープは水にも強くおすすめ。

私の場合、朝テーピングをして夜まで巻き直すことなく1日中もちます。

 

②エクオールサプリメントを飲む

そして次にブシャール結節のために行ったのがサプリメントでエクオールを摂取することです。

ドケルバン病の記事でもご紹介しましたが

更年期に起こりやすい手の不調は、女性ホルモンのエストロゲンの減少が

影響されているとされ、エストロゲンに似た作用をもつエクオールには

症状の改善や進行を遅くする効果が期待できるといわれているからです。

 

▼参照サイト
https://gakken-mesh.jp/info/wp-content/uploads/2019/09/108-109.pdf
【サプリメント使用の最前線】手指の腫脹・疼痛を訴える中高年女性患者にエクオールを使用

 

しかしエクオールサプリは手ごろな価格のものから高価なものまで

いろいろあってどれを選べばいいのか悩みますよね。

このときサプリメントを選ぶポイントは、1日の摂取量の目安になるエクオール10mgが含まれているかということが重要です。

 

タガラ
タガラ

私が最初に試したサプリは、エクオールが2mg含まれるものでした。でも私のような症状が出ている段階では、あまり効果が見られなかったです…

そこで私はDHCのエクオールを飲んでいます。

DHCのサプリは1日1粒飲むだけで手軽にエクオール10mgを摂取できます。

手の不調は日常生活に大きく影響するため、

痛みは早く治したいし、指の変形も防ぎたい。

そこでもう一つ検討しているのが大塚製薬のエクエルです。

こちらの商品は値段はDHCよりもお高くなりますが、

自分の体に合う商品か試してみてもいいかなと思っているところ。

(レビューも高評価がちらほらありますね)

③軟骨のすり減りを助けるサプリを飲む

これはブシャーデン結節だけではなく、全身の関節ケアのために飲んでいるサプリですが、DHCの極らくらくを飲んでいます。

ブシャーデン結節は、関節の軟骨の摩耗が引き起こしていると考えられていることから指の変形の予防を期待して選びました。

極らくらくは1日6粒でグルコサミン、コンドロイチン、MSM、Ⅱ型コラーゲン、CBP、5-ロキシン、ヒアルロン酸、コラーゲンペプチド、エラスチンペプチドを摂取できる複合タイプのサプリメントです。

手は不調があっても休ませることが難しいので、

できることからしっかりケアをしていこうと考えています!(ง •̀_•́)ง‼

 

日本人でエクオールを作れる人は50%といわれています。体内でエクオールが量産できているのか知りたい方は手軽に調べることができますよ。⇒エクオール検査「ソイチェック」
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました